A HAPPY NEW YEAR  今年の覚悟は●●です

斎木院長の独り言

さて前回は『今年のクリスマス会は サプライズの連続』 についてお届けし、お送りしました。 今回は『A HAPPY NEW YEAR 今年の覚悟は●●です』 についてお話したいと思っています。

今年は少し遅めの発表です。

さて前回はさいきじんクリニック.のクリスマス会の時期ですのでそのお話しをしました…
 年が新たになればやはり一年の反省をしなくてはなりません。最初に私の今年の目標はどうだったか? 少し停滞気味でしたが、スタッフと全国誌への論文投稿や代替医療への進歩がみられました。

英語の勉強、これはまだまだ…  運動も意識はできましたがまだまだ… というところです。 
ではさいきじんクリニック.としてはどうだったでしょう?????
さいきじんクリニック.の理念に 筆頭に 「人を創る、体をつくる、環境を重視する」があります。

そして去年一番目に「人づくり、会社づくり」「教育革命、公育私捨」とあります。
とくに理念から続くこの行動目標となりうる 「人づくり、会社づくり」 できたでしょうか?
 私の見る限り、少し人の入れ替わりがあり、随分中の雰囲気は良くなってきました。
まだまだですが、少しずつ変わっていけたら…と願ってやみません。どうも当院は近辺の医療スタッフさんからは「厳しいクリニック」と言われているようです。その事は大変自覚していましたが、残ってやっているスタッフは楽しそうです。人に会う場所があります。

さて今年は私どもは反省の上に、以下の課題に取り組んでいこうと思っています。
今年も徹底的にやります。賞罰はつけ、目的意識をはっきり持ちやれるよう頑張りたいです。
そして変わらず人づくりを行っていくのです。その上で 今年は 

「諦めず,自立。 まだできない人はまず主体性を持て…
人に動かされるのでなく自ら動け。そうすれば、言い訳もなくなるし自分の責任と感じる。  
他人のせいにしている時点で二流になると自覚せよ。
仕事はこなす⇒確実にやり遂げる へ」

を特にあげたいと思います。
特に主体性という言葉を入れました。
これは有名な 「7つの習慣(スティーブンRコヴィ-)」の冒頭にある 幸せになるための個人目標であります。
この目標は私達スタッフもそうですが、実は患者さんも共通です…
次の2月に尊敬と尊重の違いを述べる予定ですが、我々は患者さんを尊敬ではなく尊重しています。
もちろんスタッフに対してもそのつもりで…
任される、尊重されること=強い責任力が発生するのです
しかし患者さんの中には「生活の質:QOL」を保つために難しい人もいるでしょう。
それでもあくまでも前向きに考えていきたいものなのです。

平成27年2月2日

▲ページTOP

×このページを閉じる

©2015 Saiki jin clinic Seto Fukuyama all rights reserved.