『クリスマスのトリビア 第3弾 〜アメリカで確立されたクリスマス〜』

斎木院長の独り言

さて前回は『孔子の教えに学ぶこと』についてお届けし、お送りしました。
今回は『クリスマスのトリビア 第3弾 〜アメリカで確立されたクリスマス〜』 についてお話したいと思っています。

アメリカで確立されたクリスマスについて17世紀に、アメリカのニューアムステルダム・・・のち、イギリス領となりニューヨークとなった場所に移住してきたオランダ系プロテスタントによって、聖ニコラウスの伝説がこの地に持ち込まれ、それから年月が経ち19世紀になると、作家のアービングが「ニューヨーク史」(1809年)で、馬にのってやってくるドイツ風の聖ニコラウスをアメリカで紹介しました。トナカイでなく馬であったそうです! 
 そして決定的に、今のサンタクロースのイメージを確立したのが、詩人のクレメント・ムーアによる「クリスマスの前夜」(1823年)。

1.そりをひくトナカイ

2.サンタ・クロースのしぐさや笑い声

3.妖精のサンタクロースが煙突に登る

と言った感じだったようです。  

馬がトナカイに…   聖ニコラウスがサンタクロースに…  といった感じでしょうか???

そして挿絵・風刺漫画家のトマス・ナストが1860~80年代に「ハーパーズ・マガジン」誌のクリスマス号に描いたもので、ほぼ完成します。

1.サンタクロースは赤い服を着て、眼鏡をかけて、太っている。

2.仕事場は北極にある。

3.よい子と悪い子を分類したリストを持っている。

そしてこれが1930年~40年にかけて、コカ・コーラ社の広告のイラストでも起用され、これによって広く普及していくことになります。 コカコーラのCMはクリスマスの時期とても気を引くものなのが納得できる感じです。
(私としては 最近はケンタッキーや携帯電話のクリスマスCMも大変気になるところです。)

とまあ、サンタクロースというのは見てお解りの通り、非常に長い歴史を持つ一方で、意外と最近に作られたイメージというのがお解り頂けるかと思います。そして、貧者を救うというものから、いつの間にか子供に物をあげる、さらにはクリスマス商戦のイメージキャラクターと変貌してしまったわけで、この辺に違和感を覚える人も少なくないそうです。

そのため、ドイツ・フランクフルトのカトリック団体は、プレゼントの買い物に大騒ぎする堕落を嘆き、各地のクリスマス市で、米国流の「サンタクロース進入禁止」のステッカーを配るなどの活動をするなど、伝統回帰運動も始まっているようです(共同通信 2004年12月24日配信)

発祥地 アメリカが悩むクリスマス

ところが、そんなアメリカンなクリスマスですが、やはり元々はキリスト教系のお祭り。従来にも増して多民族、他宗教国家になってきたアメリカでは、この対応をめぐってかなり悩んでいるようです。
(読売新聞2004年12月23日記事)-----------------------------------------------------------------------
▼サンタクロースや「ジングルベル・ロック」はOKだが、イエス・キリスト、「きよしこの夜」はダメ。

▼オフィスで開くのは「クリスマスパーティー」ではなく「年末パーティー」。「クリスマス休暇」ではなく「冬休み」。

 「政教分離」と「信教の自由」を憲法修正第1条で定める米国では、クリスマスの宗教色はかなり薄まっていた。政府庁舎など公共施設ではクリスマスの飾り付けが見られない。イリノイ州の小学校は昨年から、スクールバスの中でクリスマス曲を流すのを禁じた。

クリスマスツリーについてさえ、「宗教的なシンボル」として、「私企業のオフィスなら良いが、公共の場では禁止」(フロリダ州パスコ郡)や「コミュニティーツリーと言い換えるべきだ」(カンザス州ウィチタ市)といった、日本人にはにわかに信じがたい条例もある。

今年は大手デパート、メーシーズが顧客への宣伝で「クリスマス」の表現を取りやめたことから、ついに不買運動が起こった。そして 宗教問題に詳しいラザフォード研究所のジョン・ホワイトヘッド所長は「ハヌカ(ユダヤ教の神殿清め祭)、クワンザ(黒人の収穫祭)は認められているのに、なぜクリスマスはいけないのか。逆差別されていた多数派(キリスト教)が怒り、振り子は逆方向に戻っている。このような不満に宗教右派の存在が火をつけた」と、例年になく騒がしいクリスマスを分析する。
----------------------------------------------------------------------------------------

実際のところ、イスラム教系国家であっても、なんとなくクリスマスを祝っている国もありますが・・・
一度神経質になり始めると、徹底的に排除しなければ気の済まない人というのも出てきますので、全く困った問題です。他宗教を保護するためにキリスト教的な物を排除した結果、余計に宗教間の対立が深まることだけは勘弁して欲しいですね。

平成26年12月2日

▲ページTOP

×このページを閉じる

©2014 Saiki jin clinic Seto Fukuyama all rights reserved.