『–サイトにおける言いたい放題 ロンブー淳のツイッターから考える匿名について-』

斎木院長の独り言

さて前回は
『–松下幸之助 政治を語る-  政治は他人ごとではない』 についてお届けし、
お送りしました.
今回は『–サイトにおける言いたい放題 ロンブー淳のツイッターから考える匿名について-』 についてお話したいと思っています。

先日(2014年5月末)、ロンブーの淳のツイッタ-炎上がまたまたあった。なぜこの人はこんなによく炎上するのか?? 単に人の性格の悪さではないと感じて少し調べてみた。
近年では 竹島のこと…を日本の領土といったことで韓国人からバッシングを受けたり、ロリコン という悪口を言われ
「たったの数人しかフォロワーのいないお前に影響力もないだろう。そういうお前がロリコンだろう」
と返してみたり…かなり激しい応酬をやっています。

また一般人にマジ切れすることも多く、 反省している面もあって。今日はこの点に焦点を絞ってまいります。最近このような相談を受けたからですが…
 ロンブー淳さんのそのままをここに記載します。

最後に…これだけ書いても僕に罵詈雑言浴びせてくる方々がいると思うけど、全ての人に理解はしてもらえないのは解ってますが、できるだけ多くの人に理解して貰える様に頑張ります!あともうひとつ、名前も顔も隠してる人達に汚い言葉を浴びせられるのは嫌です…できるだけ優しい言葉で会話しましょう!

これとてもよくわかります。
先日相談を受けた友人も相手の顔も名前も匿名でいるわけです。どうせするなら、悪口や批判をするのなら、どうどうとすればいい。結局、陰にかくれてやるもんだから 大変人間としてはあまりよくないと思います。人を否定的にいう方の多くは必ずと言っていい程匿名で私は大変残念だと思っています。

私も若いころに経験がありましたが、多くのことから学びました。
(1)批判をするならどうどうとすること(匿名などしない)
(2)悪口や批判を聞く耳は持ちますが、気にしない(同じ考えの人間はいないので仕方ない)
 →以前中国の孔子について話しましたが、10人すべてに愛される人はいないし、善人でないだからいつまでも気にしなくていい
(3)相手の個人名はわからないようにする

 友人も誰かわからない相手にほとほと気にしていたようですが、私のアドバイスもわりと効果あったようです。芸能人でもだれでも完璧な人間はいません。私も同様です。私に対して完璧な人間を求められても(よく医師だからなのか?望まれます)私も完全な人間ではないし、ありえない。期待をして下さるのはありがたいですが、過剰な期待はちょっと困ります。だから、その友人には「気にするな。顔も形もわからない人はそれだけのもの。」
そもそも匿名で出している話など気にする方がおかしいのです。
単なる悪口でしかありませんから気にしなくていいのだ… と私は人に助言します。

人の目を気にしすぎると人間の成長にストップがかかります。
私も多くのネガティブ感情を吐き出したこともあります。先ほども申しましたが、完璧ではありませんから…。しかしそれはその時代に必要だったこととも思っていますし、自分をよく見せようなど思ってもいません。友人も今はそういう時期なんでしょう。
さあ、そんなことは忘れて明日へ向かいましょう。

ロンブー淳のツイッターに私は近い感覚を感じました。あまり品の悪い言葉での罵倒の仕方は感心しませんが…
皆さんもぜひ人に批判をするならどうどうと言いましょう。そしてできるなら相手の個人名など上げないことも大切な気がします。

是非友人にそんな人がいたら、是非「みんな、完璧ではないから気にしないで… 自分で修正可能ならしようね。 あるがままでいこう」 とアドバイスして差し上げて下さいませ。

平成26年8月2日

▲ページTOP

×このページを閉じる

©2014 Saiki jin clinic Seto Fukuyama all rights reserved.