『A HAPPY NEW YEAR  今年の覚悟を示します』

斎木院長の独り言

さて前回は『13回目のクリスマス  見事なまでに メリークリスマス 』
についてお送りしました.数回にわたってお送りした企画です。
今回は『A HAPPY NEW YEAR  今年の覚悟を示します』についてお話したいと思っています。

さて前回はクリスマスの時期ですのでそのお話しをしました…年が新たになればやはり一年の反省をしなくてはなりません。最初に私の今年の目標はどうだったか? 痩せることを10kg痩せることを目標にしてクリアしました。
少し英語を勉強しましたが、これはまだまだ…運動も意識はできましたがまだまだ…また論文は提出できました。

ではさいきじんクリニック.としてはどうだったでしょう?????

さいきじんクリニック.の理念に 筆頭に 「人を創る、体をつくる、環境を重視する」があります。
そして去年一番目に「人づくり、会社づくり」「教育革命、公育私捨」とあります。とくに理念から続くこの
行動目標となりうる 「人づくり、会社づくり」 できたでしょうか?

私の見る限り、これは全然まだまだです。その中の大きな問題点はとある部署で話をしているときに
このことが露見しクローズアップされました。とてもショックでした。
自分たちが考えることなく、「じゃあ、どうしたらいいんですか?」と逆に食って掛かる…
そんな場面をみてしまいました。私は自分が解らないことはまず勉強し調べて、考えてなおもうひと踏ん張りしてわからない時に人に聞くもんだと思ってました。それが常識的だし、自分が努力をせずに「じゃあ、どうすればいい?」なんて詰め寄るのは明らかにおかしいと思うのです。 それがさいきじんクリニック.の中で普通にあった事がびっくりでした。

言った本人ももちろんおかしいですが、それよりも言わせている風土や環境がもっとおかしいと思いました。
私ども上司も大いに反省し、この課題に年末取り組んだことでやや7-8割は改善できたように思います。
今年は徹底的にやります。賞罰も厳し、(本来はしたくないところですが)目的意識をはっきり持ちやらねば何も変わらないでしょう。そして人づくりを行っていくのです。

その上で 今年は 「諦めずに自立を突き詰める。まずは整理整頓。 仕事はこなす⇒やり遂げる へ…」 を特にあげたいと思います。この目標は私達スタッフもそうですが、実は患者さんも共通です…
次の2月に尊敬と尊重の違いを述べる予定ですが、我々は患者さんを尊敬ではなく尊重しています。もちろんスタッフに対してもそのつもりで…
しかし患者さんの中には「生活の質:QOL」を保つために難しい人もいるでしょう。それでもあくまでも前向きに考えていきたいものなのです。

平成26年1月2日

▲ページTOP

×このページを閉じる

©2014 Saiki jin clinic Seto Fukuyama all rights reserved.