『あけましておめでとうございます。一年間我慢の年、そして走ってきた年』

斎木院長の独り言

さて前回は『またクリスマスがやってきます。この一年何をしてきたのか? 復習する』についてお送りしました。

今回は『あけましておめでとうございます。一年間我慢の年、そして走ってきた年』についてお話したいと思っています。

さて、さいきじんクリニックは去年いろんなことをしました。
1月 オーバーナイト透析の開始
6月 自由診療の血液クレンジング療法開始
8月 東北支援:南三陸町への支援活動
10月 自由診療のホルミシスルーム開設
12月 ナノバブル足湯開始

私どもはこの2年間はけして経営的には恵まれた年ではありませんでした。いろんなことがたくさん起こりました。ですが、みんな元気にやっています。

何よりもいつもにまして、顧客の患者さんは増加しています(透析は減少しましたが…)。また顧客の業者さんの面談が増えています。勝手に愛されているんだな? などと思っていますが、勘違いじゃないことを祈るだけです。

今年はどんな年になるんでしょう。昨年は発表数が少なかった。今年は少しがんばります。と同時に経営者として経営、運営の安定を目指します。

今年もやりたいことだらけです… ちょっぴり我慢して、少し実現やっていきます。
ひょっとしたら さいきじんクリニック.の発展はゆっくりで、東北の復興と同じペースかもしれません。いやそれならば我々が東北を支援する理由がそこにありそうな気もします。

今年も今から年頭所感。大きく変わらないでしょうけど皆と一緒に歩みたいと思っています…

平成25年1月2日

▲ページTOP 

×このページを閉じる

©2013 Saiki jin clinic Seto Fukuyama all rights reserved.