このサイトはJavaScriptを“有効”にしてご覧ください

スローステップ運動

サンタエコ運動療法

運動療法ってなに?

さいきじんクリニック運動療法運動療法は、楽しく、笑顔で、そしてマイペースで行う運動療法です。ストレッチ体操やゴムチューブ体操を週1回クリニックのホールで行っています。

パンフレットの拡大画像はこちら(PDF)

『パーソナルトレーニングジムWAKE』のサイト

 

健康運動指導士 坂本誠トレーナー

開催日
毎週火曜13:30〜14:30(祝日はお休み)
場所
さいきじんクリニック1階ホール
費用
無料(時間中はいつでも出入り自由)

運動療法の3つのメリット

  • 足腰の筋肉が強くなる
  • 心臓機能が強くなり、持久力アップ!
  • 運動不足解消、ダイエット効果

ゴムバンド(チューブ)・トレーニング

「健康づくりには有酸素運動(ゆっくりと長く行う運動)が大事!」と一辺倒に言われていた時代は終わりました。階段を登ったり、転びそうになった時、転倒を回避するために強い力が必要です。転倒して、寝たきりというケースも増えています。これはバランス能力の低下と、身体を支える筋力の低下が原因だと言われています。

特に重要な筋肉が足腰であり、つまり芯(体の中心部)の強さが重要です。このレップバンド・トレーニングは、全部で15種目紹介しており、その中の13種目が芯のトレーニングです。胸、背中、脚、腰のトレーニングは十分な量を記載しております。無理のない範囲で筋力トレーニングを行い、芯を強くしていきましょう。

(↓下記画像をクリックすると拡大します。拡大画像を再度クリックすると閉じます)

ゴムバンドトレーニング

ゴムバンドトレーニング

ゴムバンドトレーニング

ゴムバンドトレーニング

ゴムバンドトレーニング ゴムバンドトレーニング ゴムバンドトレーニング ゴムバンドトレーニング

バンドトレーニングを行う上での注意点

  • 使っている筋肉を意識してください。
  • ゴムを伸ばすのに2秒、戻すのに2秒かけて行いましょう。
  • イラスト中の吐、吸の指示に従って呼吸をしてください。
  • 少なくとも週に3回(出来れば毎日)やりましょう。
  • 筋肉や関節が痛むときは休みましょう。

繰り返し回数:12~15回

セット数:各種目につき、1~2セット、慣れたら2~3セット

セット間の休憩時間:30~60秒前後

ご体験者の声

通院中の方 62歳主婦
自分独りでは運動はできませんでしたが、ホールで皆さんと一緒にできて毎週月曜日が楽しみです。講師の坂本先生のファンです。
通院中の方 70歳主婦
運動することで姿勢がよくなり、日頃動かさない足腰が強くなっています。血圧の薬を飲んでいますが、前後で血圧測定をして自分の経過を見れるのが良いですね。
ご近所の方 64歳主婦
友人に誘われてきました。運動不足解消に頑張って続けようと思います。
運動の後に足湯に入ってリラックスしています。

△ページのTOP