このサイトはJavaScriptを“有効”にしてご覧ください

スタッフリレーコラム/さいきじんクリニックとわたし

スタッフコラム写真

『日常の生活に感謝』

こんにちは。外来看護師の小林です。

この度の西日本豪雨で、ご被害に遭われた多くの方々に、心よりお見舞い申し上げます。

私の住んでいる側に、芦田川が流れています。夜から朝にかけ、何度も携帯電話の防災メールやアラームが鳴り大丈夫だろうか、と不安になり何度も芦田川のウェブカメラで水位を確認していました。その度に水位が上がっていくのがわかりましたが、土手があるから大丈夫だろうと避難はしませんでした。

翌朝、芦田川が予想以上に増水していることに驚き、またテレビで広範囲で大きな被害が出ていることを知りショックを受けるとともに、大変なことが起きたと感じました。
日が経つにつれて、被害状況が明らかになり200名を超える方が亡くなられ、そして今もなお行方が分かっておられない方も多くおられます。

豪雨が去った後、梅雨明けし毎日のように30度を超える厳しい暑さが続く中、避難生活を余儀なくされている方、がれきや土砂の片付けをされておられる方、大切なご家族・大切なご友人を探されている方を目の当たりにし、毎日心が痛んでおります。

さいきじんクリニックのスタッフの中にも、自宅が浸水したり断水の地域に住んでいるスタッフがいます。私の住んでいるところは、今お水がでていますがこれは決して当たり前ではないと、改めて感じています。この度の豪雨で、水の威力・恐ろしさを感じるとともに、水の大切さを感じています。

これから厳しい暑さが続きますが、皆様どうぞお気を付けてお過ごしください。

そして、一日でも早く日常の生活が送れますようにお祈りしています。

看護師 小林

コミュニティ

2018年オリジナルカレンダー

12月よりクリニックにて配布予定です。

こちらから簡易縮小版(A4サイズ)がダウンロードできます。

マスコミ掲載情報

当クリニックが行政書士会会報誌『日本行政 2月号』に紹介されました。

詳細記事はこちら

齋木院長開院14週年記念コラム

リビング新聞『症状が見過ごされやすい急性腎不全』

院内誌『さいきランド新聞 ハートフル』

さいきランド新聞『ハートフル』2014年秋号

2014年 秋号
こちらからダウンロード(PDF)
2013年 夏号
こちらからダウンロード(PDF)
2012年 冬号
こちらからダウンロード(PDF)

東北支援活動

2012年 8月20日(月)宮城県南三陸町にて東北支援活動の一環として、コンサートの主催とともに、メディカルカウンセリングを実施いたしました。その活動の様子をまとめた動画です(音声入り/YouTube)。

活動についてもっと知りたい

スタッフルーム

医師、看護師・看護助手、臨床工学技士、放射線・臨床検査技師、栄養士、受付・事務など、各部署のスタッフをご紹介いたします。

こちらから

△ページのTOP